blister packs

男性に多い病気

the pills

男女比で見てみると女性に比べて男性が多いというのが淋病の特徴です。感染経路となる性行為をして気になることがある場合は、病院の診察や通販で買える検査キットで調べましょう。

Read more

クラミジアとともに

the colorful drugs

淋病は多面性を持つ病気で、治療薬となる抗生物質に耐性ができていること、感染経路が同じ性行為である「クラミジア」と同時に感染してしまうこともあり、注意する必要があります。

Read more

自覚症状について

a medicines vial

あらゆる性病の中でも、特に女性の場合は自覚症状が軽い、あるいはまったくないケースも少なくないというのが、淋病の特徴です。ちょっとした違和感がある場合はすぐ調べるようにしましょう。

Read more

淋病について

the capsules

乾燥や日光に弱い淋病は感染経路がセックス以外にほとんどありません。コンドームによってリスクは緩和できますが、もし病気になったら薬で治療しましょう。

EDが治らないとお困りの男性は、ED治療薬を処方する病院へ行って相談してみましょう。こちらのクリニックはED治療・AGA治療に特化しています。

淋病は、主に性行為を介して感染を広げる性行為感染症です。感染経路は基本的に性行為で感染者から移されるケースが多いです。そして、多くの場合、風俗店を利用し感染します。性行為ですが、膣への挿入はもちろんですが、フェラやクンニでも感染します。最近は膣内や尿道だけでなく咽頭感染と呼ばれるのどへの感染もよく見られています。そのため、ピンサロなどでも感染することがあります。淋病の感染経路は比較的単純ですので防御しようと思えば簡単です。危険なセックスはしない。コンドーム着用で、フェラもゴムフェラにするのです。しかし、防御すればするほど快楽から離れたところへと向かいます。それゆえになかなか感染者が減りません。

淋病の多くは感染経路に性行為がありました。そのため、風俗利用者などが発症することが多かったのですが、最近は一般の人にもよく見られます。また、困ったことに、これまで抗生物質で治療していた淋病の中に抗生物質が効かないスーパー淋病というのも登場しました。耐性菌といわれるものです。これに感染すると、治療方法に限りが生じ、なかなか完治しません。また、配偶者やカップルの一方が感染するともう一人の方への感染経路となりえます。そして、片方がこっそり治療すると、お互いに感染させあうピンポン感染といわれる状態に陥ってしまいます。そのため、カップルなどで感染が発覚した場合、カップル揃って一斉に治療する必要があります。