男性に多い病気

the pills

一般的に多いと考えられているのが淋病となります。これは性感染症となります。性行為を行って感染してしまう病気のことになりますが、国内の患者数とこれからが気になります。クラミジアの次に多いのが淋病となっています。これは女性と比べると男性に多い病気となっています。平成25年では男性は7,000人以上の患者数となっており、女性は約2,000人となっています。性病全体の患者数は減少しています。一番多い時期と比べると、淋病の患者は半数以下となっています。しかし実際に菌を持っていても検査を行っていないという人が多くなっています。したがってその数は数十万人以上と考えられています。このような人がいると言うことで、今後も症状が現れる人は増えると考えられています。それに伴い治療費も多くなります。

自覚症状がないということで、積極的に検査を受けるという人が少ないのも現状です。性病の中でも患者数が多い淋病となっているので、毎日の生活の中で注意が必要となります。またできるだけ他の人に感染させないために、自分が淋病に感染していないかをしっかりと確認する必要があります。そのためには検査を受ける必要があります。病院ではしっかりとした検査が行われているので、抗生物質を服用することで治療が可能です。しかし病院に行くことが難しいという場合は、検査キットを購入して、検体を採取して郵送するという方法があります。これは病院と比べると費用もそれほど変わりなく、誰にも知られることなく淋病であるかの確認ができます。インターネットからの申し込みが可能です。