クラミジアとともに

the colorful drugs

淋病はなかなか無くならない昔からある病気で、風俗店や性行為等で感染します。主な症状は男女ともに尿道からの膿が出たり、排尿痛などがあります。女性ではオリモノが増えたりします。オーラルセックスなどにより咽頭や口腔内において繁殖する事もあり咽頭炎等を発症させることもあります。以前はペニシリンを使って治療する事が一般的な治療法でしたが、最近は淋病の原因菌である淋菌に効果が無くなってきました。他の病気でも薬の話で出てくる耐性です。抗生物質において多用されたことによって淋菌もペニシリンの耐性化が起こり、効かなくなったため最近では今まで使用していた抗生物質が使えなくなりました。そこで最近は使用薬や抗生物質の投与法が変わってきました。

昨今の抗生物質の多使用によると言われていますが、薬剤耐性化された淋菌が増えてきていて、治療薬の以前使用されていたものが使えなくなってきました。ペニシリンや経口薬の第三世代のセファロスポリンでも淋病への治療効果が期待できなくなってきていますので大変です。現在使用中の淋菌への抗生物質についても、耐性菌が出現してきています。治療薬についても新しいものが考えられてきていますが、淋菌の耐性化も早く飲み薬だけでは難しいです。セフトリアキソン(ロセフィン)の筋肉注射や服用薬も変わってきています。あわせて淋病に感染している人の多くは、クラミジアの感染も多く、クラミジアの治療も必要になってきています。クラミジア用のアジスロマイシンなどの抗生物質も必要な人がいます。このように病気も進化してきていますので、性病の感染が考えられる場合は早期発見・早期治療にて適合薬剤を早く見つけて早く治す心がけをもちましょう。